はじめに・・・

 

「ワーキングホリデーへ行こう」へようこそ

 

はじめまして。

DUKE@(connect JPNZ)と申します。
生粋の日本人です(笑)・・・カブレではありません?!

現在ニュージーランド在住15年でそれ以前にはオーストラリアにワーキングホリデー(時に縮めてワーホリと書きます)をした経験もあります。

詳しい自己紹介はまたプロフィールをご参考下さい。

このページはワーキングホリデーの情報も随時UPしていきますが
情報以上に下記のような目的で立ち上げました。

 

どちらかというと色々な人の超個人的なワーキングホリデーの記録を繋げる

 

・国を越えてワーホリ経験者のネットワークを作る

 

漠然とワーホリについて調べている人にどんな経験が出来るかイメージを与える

 

そこから将来的にこんな事を考えています。

 

・日本や各国でワーホリネットワークのイベント

 

ワーホリという1年の海外生活を通してで日本でも世界でも通用する経験が積めるプログラム作り

そして

 

ワーキングホリデーという言葉が浸透してキャリアを考える前に当たり前の選択に入れる位になる

 

そんなところを目指しています。

 

時に無責任に海外生活を勧めて良いのか?

という声を頂く事もあるのですが例えば

 

・とても大変な事を経験した。

・帰国後就職に困った。

・大事な物を失くしてしまった。

 

そういう声があるのも事実です。

だけど全ての人にとって素晴らしいものなんてあり得ない・・・

 

それは海外に居ようが日本に居ようが同じ。

 

大事なのは日本の生活では得られない1年をどう過ごそうと、もがきあがくか・・・

 

事前の予定なしに渡航するのは無謀だという声もよく聞きます。

もちろん準備万端で行けた方が行った先のオプションは広いです。

それは間違いのない事実です。

 

だけど・・・それら全てをひっくるめて誤解を承知で言いますが

頭で考えてないで

 

「まずは飛び込んでみよう!そして行って後悔した。

なんて絶対言わないように動きまくろう!」

 

そんな風に思える人が増えてくれるようにと僕はずっと動いています。

そんな能天気に良い事ばかりじゃないでしょう?!

そう言う人がいるのも知っています。

間違いじゃないと思います。

 

それでも・・・・

ワーホリは特別なハードルが必要なんじゃなくて誰でも経験できる事なんだって言いたいのです。

 

そして思っている以上に自分の人生の大きなターニングポイントになり得るなと感じでいます。

 

これは個人的にだけじゃなく周りの人たちを見ていても強く感じるのです。

 

僕は正直最初のワーホリは3か月の英語学校以外はほぼ何も決めずに出ました。

だけど出たら分かりますけど自ら動いていかないと何も起こらない世界です。

 

本当にもがき、あがいたら絶対後悔なんかしないです!!^^

それを経験してもらいたくて僕はいい歳しても恥をさらしてこのBLOGを作りました。

とりあえず管理人の1997年(20年前)の記録をUPして行きます。
情報として役に立つ事はほとんどないでしょうけど(苦笑)・・・・・

 

その変わり「ワーホリだからこそ経験できた」という雰囲気は伝えられるのではないかと思っています。

 

そしてここまで沢山じゃなくても良いのであなたの想い出もシェアしてみませんか?

 

ワーキングホリデーの記録を募集します。

ここまでガッツリの長さでなくても全然OKです。
1話完結でも良いのであなたのワーホリの想い出をシェアして若い人の背中を押してみませんか?

 

・自分もこんな記録書いてます。

 

・もしくはこれから書きたくなってきました。

 

という人は是非お声をお掛け下さい。

 

1話完結でも僕くらい・・・いやもっと長くてもOKです^^
既にUPされている内容のシェアでも良いですので

 

皆さんの経験も是非こちらにUPさせて下さい。
宜しくお願いいたします。

 

フォーム一例:
渡航時期:
渡航国:
なぜワーホリをしようと思ったのか?:
なぜその国を選んだのか?:
そのワーホリでどんな経験をしたか?
行って良かったと思う事:
(あれば)行って失敗したと思う事:
これからワーホリを迷っている人に言いたい事:

ワーキングホリデー1年の軌跡

 

 

このシリーズは作者(作中ではDAI)が1

997年10月から1998年8月までオーストラリアで
ワーキングホリデー生活をした記録を

1999年にウェブサイトに記した内容をブログに移し変えたものです。

中身は基本的に加筆・修正しておりませんが所々当時土曜の朝のMTVや
ブリスベン時代によく通ったDownunderと呼ばれるクラブで流れていた曲などの
YOUTUBE動画を入れました・・・

 

ものすっごく懐かしい・・・
っていうかこんな事もできるなんて便利になりましたねぇ・笑)

 

まぁそんな訳で情報自体は大分古いでしょうし内容は当時のままなので
ハッキリ言っておバカ丸出しです。(苦笑)

 

しかもこんなジョーク今言ったらオヤジギャグ(これも死語か?)

以外のナニモノでもありません。・・・な内容ばかり・・・(苦笑)

今はちょっとだけ成長してもう少し大人ですよ。と先に言い訳しておきます。ww

 

なぜ今更20年前の記録をUPするのか?!

 

でも僕にとってワーホリは今こうして外国で暮らしていることも含めて
僕の人生そのものを大きく変えた出来事でしたし
自分の価値観も大きく変わった1年でもありました。

 

笑いあり、怒りあり、喜びあり、そして涙もあり・・・・
実際には1年弱しかいなかったのにその何倍も長くいたように当時も今も感じます。

 

あんなとても密度の濃い1年を過ごせた事をとても幸せに思います。

 

少しでも多くの方にこのワーキングホリデー(ワーホリ)というシステムをもっと知ってもらいたいです。

あ・・・でもニュージーランドもいいですよ。と一応こちらも宣伝しておきます。(笑)

 

まだ移しきれてない内容も、完成していない内容もありますが順次UPしていきます。

 

また大分古い写真の数々ですが写っている方でこの写真はNGにして。
等リクエストがありましたらお知らせ下さい。すぐに変更いたします。

では「びっくりの国」へ、いってらっしゃいませ。

 

(この響きを知っている人はいるのか?!^^;・・・)

 

➡:DUKEのオーストラリア1年の軌跡